旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店 Macrame Jewelry MANO blog

― 宮古島暮らし 海と子どもとマクラメと ―

第三の眼で垣間見る

Posted by michico on   0  0

終わってから随分時間が経ってしまったけど
コニのHULAのHoike(発表会)、無事に終わりました。
ご来場いただいた皆様ありがとうございました!!

コニ フラ
photo by emiuchix

コニ フラ
photo by emiuchix

主人もフラガール達の当日リハーサルと同時にフルマラソンスタート.。
安定の自己記録毎回更新(今回は4秒だけでギリギリ!)して何食わぬ顔して開演前には席についてました。笑

コニ フラ

フラダンスを学ぶ娘を通して私自身も色んな経験をさせてもらい、幸せ噛み締め中。

コニ フラ

オンラインショップの為に買ったものの
ガラケーからiphone様に切り替えてからは専ら写真はiphone様頼みで
正に宝の持ち腐れというやつで年に数回しか登場しなくなっていた一眼レフさん。
それがコニのフラでなんかスイッチ入って撮り始めたら楽しくて。

コニ フラ

それまで基本、単焦点での接写物撮りだったので望遠で人物って家族以外あんまり撮った事なかった。
海外に旅中は一眼持って行かない派。
どんな美しいシーンに出会っても人物勝手に撮るの苦手で撮れないし。
カメラ目線でポーズきめてる写真は撮る気持ちよさあんまりないしそれこそiPhoneでいいし。
だから結局のとこ被写体は家族と風景と動物が多くなっちゃうのよね。
そんなこんなですっかり出番がなかった。

コニ フラ

それがここにはフラガールという被写体がいっぱいいる!
気分的にはバレリーナ描くドガ的な。(わかる人にわかればいい 笑)
超楽しくなってしまった。

コニ フラ

とはいえホイケにはカメラマンさんがいるので、完成されたショーの写真はプロにお任せして本番までの未完成なシーンを切り取ろうと思いたち、静かにシャッターをきりはじめた。

コニ フラ

本番に向けて重ねていく練習をファインダー越しに見つめていると、ただ見ていただけでは全然気付かなかった事が色々見えてくる。
緊張とか迷いとかワクワクとか伝染してくる。

コニ フラ

ひとりひとりに焦点を合わせていくとまるで映画の様にサイドストーリーが描かれていく。
より一層、みんなを好きになってしまう。

コニ フラ

カメラが顔を隠してくれるのを良い事に一人で曲に合わせて歌ったり、笑ったり泣いたりしながら撮ってた。

コニ フラ

カメラのレンズはまるで第三の目。
自ずとテーマも見えてきた。
10年後に振り返った時に、この時の情熱を思い出し自分自身(フラガールたち)を抱きしめたくなる様な写真にしたいな、と。

コニ フラ

コニの保護者としての立場ではあるもののこのハラウに関われてよかったなと思う。
入る前は正直、ステージママたちとの関係とか上手くいくかなって少なからず不安があったのだけど無駄な心配に終わった。
母たち外れなくみんないい人たち!!
何もわからぬペーペーの初心者にとても丁寧に色々教えてくれてすごく心強かった。
でまた喋りが面白くて、待ち時間も楽しいんだよね。
踊る子供たちも可愛いけど親たちもみんな愛情にあふれてて大好きになってしまった。
色んな家庭の親子愛、カメラ越しに垣間見るのも乙です。

フラ ティリーフ

さてコニの所属するプアエナ宮古(Halau Hula O Pua‛ena Miyako)では12月から3月までの間新規メンバーを募集いたします!
見学・体験レッスンもありますよ。
大人も子供も興味ある方はお気軽にご相談くださいな!

コニ フラ

※写真は個人のアップが多いのだけど許可取ってないので無難なのしか載せてません!
いいのいっぱいあるんだけどなぁ。

踊る胎児

Posted by michico on   0  0

胎教という言葉、
生まれてくる子どものために
お腹にいる時から音楽聴かせたりなんなりってイメージだった。
振り返ってみるとうちの場合は
コニにやらされてた感。。。。

海とコニ

彼女は赤児の頃から海が大好きで
一日中海で過ごしてた。泳ぐのが大好き。
冬も泳ぎたがるし、幼稚園から始めたスイミングスクールもずっと楽しそうに通ってる。
コーチのレッスンが終わって最後自由時間、環人くんを含め普通はみんな子ども同士でボール遊びや大きなビート板みたいのに乗っかったり、コーチと遊んだりするんだけど
コニは、、、、
ひたすらひとりで潜ってる。
しかもすごく楽しそうに!!
上に出てくるたび笑顔。
友達出来ないんかなって初めは心配したけど
彼女にとっては水が友なんだと思う。

足のサイズがほぼ一緒になってきたので
今年は私のスペアでロングフィンデビューしちゃった。

コニ ロングフィン ニライ号 漁礁 八重干瀬

一方私といえば、
子供の頃から大して泳げなかった。
嫌いじゃなかったけど
好きってほどでもない。
大人になっても海は専ら眺めるもの。
冬の海とか夕暮れとか夜の海が好きだった。
12年前はメキシコのセノーテでは浮き輪してたぐらい。

それが妊娠してまだ気付かない頃だったけど
ボリビアのチョコレート色したアマゾン川の支流で
川イルカちゃんと泳いだ。
もちろんチョコレートの深さはわからない 笑

アマゾン川支流

コニがイルカちゃんと泳ぎたかったんだね。

アマゾン川支流 ワニ

写真はワニだけど (笑)

そのボリビアの後
ペルーに移動して妊娠を認識したのち
またペルー側のアマゾンの方に居たんだけど
その頃何故かやたらとブルーハーツが聴きたくなって
iPodに入ってるブルーハーツの曲だけずっとシャッフルして延々と聴いてた。

そして今、コニはブルーハーツ大好き。
カラオケで歌ってる。

コニの趣味だったのね。

すっかり大きくなったお腹で宮古島へ来てからは海で浮いてた。
そして何故か私は全く興味のなかったフラダンスを流れでやることに。
元々さっぱり運動した事ない私、
お腹張り過ぎて結局2カ月で辞めてしまったんだけど

コニが踊りたかっただけだね。
笑える。

プアエナ宮古 2019 コニ

コニがまだ私の胎内を住処にしてた頃
早くも彼女に色々誘導され
新しい喜びをいっぱい体験出来たんだね。
そう考えてみると胎児の頃から変わってないね、來虹さん。

プアエナ宮古 2019 コニ

そんなコニのおかげで私はまた楽しませてもらってる。

プアエナ宮古 2019 コニ

幼い頃から憧れていたフラのハラウ(チーム)にやっと入れたコニ。
毎日踊ることが楽しくて仕方ない。
嬉しそうに踊る。
その眼には情熱がみえる。
キラキラ輝いてる。

プアエナ宮古 2019 コニ

みていると
腹の底よりももっともっと奥深いとこから
愛おしさが溢れてくる。
こんな気持ちにさせてもらえるって
感謝しかない。
産ませてもらえてありがとう。
情熱に出逢ってくれてありがとう。

自らの内側に燃える情熱の灯を出力する術を得たときのエネルギーは美しい。
表現とは命だな。

プアエナ宮古 2019

そんな美しい命の輝きを踊らせる
フラダンスのホイケ(発表会)があります。
大人も子どもも情熱をもって練習に励んでいます。
美しい命の輝き、是非見に来て下さい♡
私もチケット販売してます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

プアエナ宮古 ホイケ 2019

Halau Hula O Pua'ena Miyako
Ho'ike vol.5 Lokahi〜調和と絆〜

2019年11月3日
13:30開場
14:00開演
場所:マティダ市民劇場
入場料:950円(未就学児無料)

一緒に情熱感染しちゃいましょう。

該当の記事は見つかりませんでした。