旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店 Macrame Jewelry MANO blog

― 宮古島暮らし 海と子どもとマクラメと ―

夏休みの小さなアスリートたち

Posted by michico on   0 

父よりも詳しいことと言えばルーズソックスの履き方くらいなものだった私が初めて
「私の方が詳しく知っているモノ」に出逢えたと感じたのは大学生になり専門的な分野を学び始めた頃。
父親が一人の人として意識された事を覚えてる。
オトナの階段の小さな一歩だったと思う。

しかし我が子達は早くも既に私の経験をすっかり超えてしまった。
アドバイスのしようがない。
私にとって未知だ。
私が彼らに言えることはたった一つ。
それは、「頑張れ!」だけだった。

石垣ジュニアトライアスロン 飛行機 コニワト

主人のアスリート仲間から石垣島ジュニアトライアスロンの話を勧められた。
私なら今まで生きてきた38年間どのタイミングでその声をかけられても答えは間違いなくNOでしかないが
(そもそも誰も誘わないから 笑)
彼らは即答で「やりたい!」と応えた。
完全に主人の血だ。

宮古島空港 プロペラ機

という事で私たち家族は夏休み真っ只中、宮古島からプロペラ機で30分程度のお隣さん石垣島へ。
虹が真下から見送ってくれた。
愛してるよ、宮古島♡ちょっと八重山行ってくるからね!

飛行機からの虹 宮古島

結婚10周年にして初の国内家族旅行。
実家ファミリーと旅行とか、親戚の住む場所へ行く事はあったけど我が家だけでレンタカー手配して宿とってって初。
海外だとテキトーなのに国内はビビって用意周到な感じになってしまう。

家族旅行

そんなこんなで大会前日に石垣入りし大会当日の朝も虹からの始まり。
専用のウェアもチャリ(バイクって言わないとアスリートに睨まれそう)も何にも揃ってない初心者ど素人だけど健二さんの背中見てきたから大会の雰囲気には慣れてる、コニワト。
が、実は健二さんトライアスロンはまだ未踏の領域。
来春の挑戦を目標に掲げる中、思わぬタイミングでまさかのコニワト先にデビュー。

石垣ジュニアトライアスロン

本気スポーティーでショートカットの女の子が多い中、一度も鋏を入れたことのないコニの後ろ髪はかっちり編み込みでのぞむ。
お団子しちゃうとヘルメットかぶれないし。

レース内容は二学年ごとにそれぞれの距離が変わってくる。
コース内に保護者は入れない。
本人がしっかりコースと流れを把握して着替えたり色々しなきゃいけない。
競技は各学年男女別。

環人が先にスタート。
1年生は
スイム50m(ビート板可)
バイク2000m
ラン500m

宮古島には無い50mプール。
ライバル達に誰も知り合いも居ない中、スタート!
白いビート板が環人くん。
いつもへなちょこキャラでふざけてばっかりな彼が超頑張って泳いでる。
みたことのない姿。
運動会や発表会もいつもニコニコくねくねしちゃう彼が一心に泳いでる。
いきなり泣ける母。
頑張れ!!!

石垣ジュニアトライアスロン

泳ぎ切ったら水着のまま走ってバイクに。
モタモタしながら自分でセッティング。

石垣ジュニアトライアスロン

まだ早いよ~、って言ったのに意外と2歳から自転車に乗れた環人くん。
チャリに乗ってる時が1番生き生きしてるんじゃないかなって思う。
そんな大好きなチャリンコ!風を切る!
頑張れ!!!
競技場の外周回って最後のランへ。

石垣ジュニアトライアスロン

トラック内は見えないのでゴール手前で待つ。
時間が長く感じる。
まだ来ない。。。
転んだのかな?大丈夫かな?
ドキドキしていると
今まで見たことない顔
今まで見たことない疲れっぷりで
動きが全然違う環人くんが走ってきた。
あとちょっと!!頑張れ!!!
ゴーーール!!

石垣ジュニアトライアスロン

いつもお喋りな環人くんも疲れ切って何も言えない。
見たことない、男の顔。

石垣ジュニアトライアスロン 

二年生のお友達も全力で応援して無事完走♪

石垣ジュニアトライアスロン

コニ四年生。
スイム100m
バイク3600m
ラン1000m

緊張感が伝わってくる。
スタート!
学校のクラスではそんなに泳げる子がいないからずば抜けてて常に自信を持てたスイム。
だけどここはみんなトレーニングして臨んでいる大会。
みんなが泳げて当たり前。
それでも1分先にスタートした男子を抜かしていく。
ゴール前に健二さんはバイクに乗るポイントへ移動。
頑張れ!!!
私は最後までドキドキ目が離せず、無事スイムゴールを見届けて移動。

石垣ジュニアトライアスロン

バイクスタート地点に私が到着した時にはもうコニはスタートしていた。
四年生になるとライバル達はみんな本格的なロードバイクばっかり!
そんな中、コニだけママチャリ!
だってまさかトライアスロンやるとか考えたこともないしファンシーなやつ買っちゃったよ。
それでもちゃんと頑張ってる。
マシンの性能の差は明らかだっし、ヘルメットもスケボー用に買ったものだったけど彼女は文句を言わなかった。
コニかっこいいぞ!
頑張れ!!

石垣ジュニアトライアスロン

そして最後はラン!!
幼い頃から口に出して「やる!」と言ったら絶対やる女、それがコニ。
「頑張れ~~!!!」って応援するけどもそんなこと言わなくたって彼女が頑張るのは一番わかってる!
苦しそうな顔で足上がらないけど必死で進む彼女に頑張れしか言えない私。
胸が苦しい。

石垣ジュニアトライアスロン

応援する声が涙声になってしまう。
頑張ってほしいけど頑張りすぎて倒れないでーーー!
ゴーーール!

石垣ジュニアトライアスロン

石垣ジュニアトライアスロン

強すぎる陽射しの太陽が声援をおくる中、二人ともよく頑張った!!
最高だよ。泣
そして母は胃が痛い。
楽しいけど胃潰瘍になりかねない。
そしていつもは応援される側しか知らない健二さんのソワソワよ。

2人とも完走おめでとう。
母は君たちに敵いません!
本当に尊敬します。
そしてありがとう。


いっぱい頑張った後は八重山満喫!
オニササ、マンゴー、パイナップル♪
宮古島にはないやつ楽しもうをテーマに
川と海が繋がった場所へ。
スコールも気持ちいい~~!
因みに石垣、宮古と違って風があまりなくて暑い!

石垣島 川遊び

早起きだったしバタンキューだね。

石垣ジュニアトライアスロン コニワト

翌日最終日も虹から始まり。

石垣島 コニワト

念願の山登り。
宮古にないやつ!
序盤に泥水にハマった環人くんのチキンっぷりは酷くて、
昨日トライアスロン完走した人とは思えなかった 笑
何回「帰るー戻るー」言ってたっけ?

石垣島 山登り

コニは海も山も楽しめる自然児っぷりを発揮。

石垣島 山登り

宮古島では見れない山が織りなす美しい景観に感謝が溢れる。

石垣島 山登り

八重山そばも美味しく頂く。

八重山そば コニワト

腹ごしらえしてから滝!!!
淡水!!宮古にないやつ!
ロープ使ってターザンジャンプしたり
滝登ってジャンプしたり
とにかく飛びまくった~~!!

石垣島 川遊び 滝

宮古にない都会遊びもショッピングとかカフェとか歩いて回りやすいのが石垣の魅力。
マンゴーフラッペ¥800高っ!!って思ったけど出てきたらデカくてビックリ 笑
帰りもまた虹が見えて終始虹まつりな八重山の旅。

石垣島 マンゴー

たった2泊だったけど想像以上に楽しかった!

宮古島に戻り、久しぶりに感じる我が家のウッドデッキでコニとごろんしてたら流れ星。
石垣を楽しんでから戻る宮古島も最高さー。

二人旅 コニワト 夏休み

2人の大きな成長に出逢えた夏休み前半戦。
そんな彼らは初めて2人で2週間、四国の主人の実家へ帰省中。
また川遊びに阿波踊り、シネコンも初体験 笑
本当に初めてだらけの夏休み。
今日帰ってくるよ!!!!
楽しみ過ぎる。
どんな顔して帰ってくるかな?

彼らは何でも出来る。
子どもを尊敬出来るって素敵だ。


Instagramではリアルタイムに日々の生活アップしてるのでそちらもフォローしてもらえると嬉しいです❤
https://www.instagram.com/michico_mano/

青い空と白い灯台の下で

Posted by michico on   0  0

先日の日記の最後書いてたコニワトのマラソン大会!
カメラマン母、応援団母、張り切ったよー。

気持ちのいい秋晴れ。スタート前のワクワク!!
コニは去年走ってからずっと楽しみにしてたもんねー。
ワトも初参加。二キロ、、、大丈夫かねー??

DSC_0001.jpg

いつ来ても、あー気持ちいいっ。あー空好き。海好き。

宮古島東平安名崎

何かあの雲ハートっぽくない??
って母ゴールに一人先回りなので虚しく独り言ですけど。

宮古島東平安名崎

健二さんに借りた時計でコニのタイム測るぞ!と張り切って望む母ですが、、、
ゴール側にはスタートのお知らせなくて気付いたらもう五分経過してるし!!
ま、後で足したらいいか!で、急いでポチ!

ん??コニ?!え?!速くない??
あー!やっぱりコニだー!!
笑顔でゴール!

DSC_0013_20151111014451a42.jpg

お疲れ様!!頑張ったね!!と抱きしめるが
コニの第一声は超スマイルで「頑張ったからアイス食べたい!!!」

で、ちょっとしてから気付く。
あー!!ストップウォッチ、ストップしないと。
で、ポチ。ふー任務完了!

DSC_0017.jpg

めっちゃ余裕じゃーん!すごーい。私絶対にいやよ、二キロも走るの。
何でお金払ってまで走りたいのか全然理解できないけど嬉しそうだから私も嬉しい!
で、タイムどうだったんだろ??
あれー、、、何かまだ動いてるけどー。。。さっきストップしたよね。。。??
あー健二さんの時計大きすぎてぐるぐる回っちゃってバックに当たりまくり、何回押してたの?!
ちーん。。。。

お!わとくんも来ましたー!!がんばれーーーー!!コニお迎えに。

DSC_0019_20151111020212dd2.jpg

毎度言うけど

DSC_0021_20151111020227e9a.jpg

大げさじゃなくて顔半分おでこだよね。

DSC_0022.jpg

途中いっぱい歩いたり、立ったまま抱っこもあったけど二キロは自分の足で頑張った!!
ワトくんもお疲れ様!

DSC_0023_20151111021855a11.jpg

DSC_0024_20151111020233126.jpg

本当は自分もハーフコース走りたかったけど父親のポジション頑張ったお父さんもお疲れ様☆

DSC_0026_20151111020240acf.jpg

後から写真撮った時間逆算したらコニ、13分くらいだった。すごーい。
思いの外速すぎて数えてなかったんだけど翌日の新聞で見たらコニさんなんと9位でした!!
小学生の参加者いっぱいいたのにねー。
すごいじゃん、幼稚園生!

DSC_0029.jpg

こうして綴ってると、やっぱり子どもたちの笑顔サイコーだわーって思う。
こんな親バカバカ日記がまた私のエネルギーになってる。
そんでこんな親バカバカバカ日記を読んでくれる人が意外と多いというのが嬉しい。
いつもお付き合いいただきありがとうございます。

レインボームーンストーンマクラメネックレス

今月末は東京は吉祥寺にて展示会★
吉祥寺糸モノまつり
『マクラメアクセサリー&さをり織り展示販売会』
詳しくはこちらの記事へ

こちらのレインボームーンストーンマクラメネックレスも展示予定。
是非遊びにいらしてくださいねー♪

レインボームーンストーンマクラメネックレス

我が家のアルバムから

Posted by michico on   0  0

あー。
もう11月になっちゃう。
そんでもうすぐ2015年終わりじゃん。

そんで気付いたら子どもたちもうすぐ成人じゃん。。。ってなっちゃうのかしら。

8月。
夏休み。
自転車で自宅から東平安崎までの道のり10キロに挑戦したコニ。

DSCN1342.jpg

お父さんの伴走つきでも、坂道はちゃんと自分で自転車を押してゴールまで頑張った!
流石、マラソン大好き健二さんの子だね。。。私は無理だわーー。

宮古島定住七年目、今年が一番マンゴーいっぱい食べたなー。
美味しすぎるよー。来年はもっと食べてやる!!

宮古島 マンゴー

久しぶりの友人と伊良部島で遊んだ時、初の砂浴を体験。
コレが結構気持ちよくって寝そう。

宮古島 伊良部島 渡口の浜 ビーチ

ってか、ワトくん本当さー、顔半分おでこだよね。
私に似ちゃったね、、、ゴメン。

お祭りに行けば自然とお友達と集合できちゃう感じも宮古島サイズのいいところ。

DSCN1316.jpg

ばーばが縫ってくれた浴衣と甚平はお気に入り。茣蓙敷いてのんびりな感じが好き。

DSCN1319.jpg

クライマックスの花火、素敵なのにさー。ワトは音にビビッて終始目をつぶったまま。。。
もーー。綺麗なのにーー。見てよー。


9月。
コニは六歳になった。
FBの方では記事アップしてたんだけどブログ書いてなかった~。
お誕生日プレゼント、リクエストはスニーカーじゃないおしゃれ靴とブルーのティアラ。
ってことでレインボームーンストーン×クォーツコンビネーションマクラメヘッドドレスを前夜一気に仕上げる。

マクラメヘッドドレス

お陰で誕生日当日は寝不足ヘロヘロかーちゃんになっちゃったんだけど。
似合う~!!と親バカしちゃう。
いつもピンクピンク言ってた人がブルーに目覚めるお年頃。
プリキュアプリキュア言ってた人がプリンセスになりたいお年頃。
ばーばからの贈り物のワンピースにもピッタリ。

マクラメチョーカー

もちろんチョーカーとしても使える2way仕様★

image[2]

いつまでも仲良し姉弟でねー。

そして運動会もありましたー。
我が家の住んでいる地域はなんと、、、幼稚園、小学校、中学校合同。
で、何故かやたらと親の出る競技多し。。。
私はご遠慮させていただきましたが、主人はいくつかノリノリで出場。

DSC_0575.jpg

走りながら笑顔で手を振っちゃうあたり、闘争心全く感じませんでしたが楽しんでいた様子。
でも踊ってる時が一番楽しそうだね、あなた。

DSC_0597_201510312239418f9.jpg

そんで、まだまだ甘えん坊。

毎年恒例の私の妹来島!で、伊良部大橋わたって伊良部島へ。

伊良部大橋

青だらけの世界に癒されるー。

伊良部島 下地島

フェリーに乗って大神島へも。

大神島 フェリー

妹と交替で泳げたお陰で、何年ぶり?!の夫婦でシュノーケリング!
何万匹??って位のお魚の大群やさんご礁が見れて大満足★

大神島

にしてもあそこはタイムスリップしたような異空間。不思議な神様の島、大神島。
ありがとう。

大神島

初めてのトンボ玉体験にも挑戦!真剣。そして意外と上手かった。

トンボ玉体験 宮古島

10月。
だいぶ涼しくなって徒歩の通園も気持ちいい季節。
日本の中でも西にある宮古島、日の出が遅いので早朝のような太陽。もうすぐ八時だよ。

DSCN1667.jpg

ワトが生まれた年から恒例のエコマラソン。もうすぐスタート!

宮古島エコマラソン

もちろん完走。お疲れ様でした。ランナー仲間に撮ってもらった家族写真★

宮古島エコマラソン

そしてもうひとつ、この時期恒例の。。。パーントゥー。
嫌がる子ども達を尻目に繰り出します。
到着早々、やられた人。

宮古島 パーントゥ

コニ恐怖のあまりダッシュで逃亡!!リアル迷子!
、、、居ました!!茂みに。逆に恐いわ。

DSCN1620.jpg

そして!!捕まる。ひー。

宮古島 パーントゥ

今年も一年、無病息災。ありがたやー。

子育て支援センターで参加させてもらった10月のお誕生会。
お家でいっぱい練習したからマイクを向けられてげんきに「わとくんです!」って言えた!
けどその後、照れちゃって「三歳です」言えず。
「おめでとうございます」の返しに「わとくんです!」ってもう一回言っちゃったけどかっこよかった!
母、泣きそうでした。。。

DSCN1675.jpg

こないだまでこんなに小さかったのに。。。

DSCN1669.jpg

ってちがうちがう、こっちは仲良しのバクくん。
赤ちゃん大好きですぐ抱っこしたがるコニでした。

普通の日々。愛おしい日々。
写真を見ると笑ってる顔が多いけど本当は怒ったり泣いたりいっぱいあって
だからこそ笑顔のキラキラが輝くのかな。
とにかくうるさくて毎日大変だけど、纏わりついてきて困らせてくるこの人たちがそっけなくなった頃
私がしつこく纏わりついちゃったりしてね。
今日もいっぱい元気な笑顔をありがとう。

さー、明日はコニとワト二キロマラソン出場だー!
がんばるぞー!

久しぶりの夫婦喧嘩

Posted by michico on   1  0

ちょっと前のこと。
久しぶりに夫婦喧嘩をした。
とても長くなりそうなのでお付き合いいただける方は先月の帰省の際の心温まる写真と共にお楽しみください。。。

DSC_0105.jpg

久しぶりって言うくらいなもんで我が家は滅多に、滅多に夫婦喧嘩をしない。
私自身それは単純に仲が良いからだと思っていたの。
でもそんな単純じゃなかったんだって気が付いたんだった。

そのキッカケとなったのが「誕生学」~家族で聴くいのちのお話~。
その日、私たち家族は四人でそのお話を聴きに行った。
講師は以前宮古に住んでいたお友達の智栄さん。
彼女との出逢い、これがまた私には衝撃的だったんだけど六年前、コニがお腹にいる時だった。
臨月の満月みたいなお腹の中でプカプカしていたコニに導かれたその出逢いによって
私はお産との向き合い方が変り、幸せなお産を迎えることが出来た。
初産、痛くなかったっていう、ね。いやー、びっくりした。
別にプライベート出産でも自宅出産でもない。病院でね。
そんな彼女からまたお産に関わるいのちのお話を聴けるということで乗り気でない主人も引っ張って繰り出した。

DSCN1044.jpg

今回のそれは私の為というより、コニの為に。
赤ちゃんの始まりがほんの小さな点であったこと、
お腹の中で成長していく過程、
立体的な模型を使った骨盤のお話、
お産のシーンも含む映像もあったり、
それぞれのいのちが選んだカタチで生まれてくること、
帝王切開というお腹の窓から生まれてくるお産のこと、
一人ひとりに必ずあるおへそのお話、
プライベートゾーンのお話、、、

そして
子どももお父さんもお母さんの頭に手を置いて
「生まれてきてくれてありがとう」と言うシーンがあった。
そんな肝心なタイミングでコニは席を外してて私は少し落胆した。
そして主人がワトの手を引きながら私の頭に手を置いた。
無口な主人が普段そんなことを言ってくれるわけがないので私はドキドキして
嬉しくて嬉しくて待ってた。その言葉を。
でも彼は言わなかった。
頭はなでてくれたけど私がドキドキ心待ちにした言葉を、頑なに言わなかった。
私は心底がっかりした。
そして傷ついた。
悲しかった。
心から思ってなくてもいい。
セリフで棒読みでもいい。
それでも、言ってほしかった。
たったそれだけの文章を言うのがどれだけ面倒なんだろう。
それとも生まれてきて迷惑だったのか?
思ってないから頑なに口に出さないのか?
どんどん卑屈になってしまう。
考えれば考えるほど涙が出そうだった。
コニが戻ってきたのは計算なのか?!ってタイミングで
お母さんが子ども達を抱っこしてそのセリフを言うって時。
悲しみに浸りながら二人にありがとうを言った。
でも何か虚しかった。

DSC_0104.jpg

お産やいのちの話を聴いていてすっかり母親目線で全てを捉えていたけど
私もまた、産まれたいのちの一人だった。
私の誕生を喜んでくれる人はここにはいないんだ。
どんどん悲しくなってこれじゃまずいと思って蓋をした。

帰りの車の中で私はコニに
「お話の途中でいなくなっちゃってお母さん悲しかった。」って言ったら
普段あんまり怒らない主人が
「まだ5歳なのにちゃんと静かに話し聞いてたよ!!偉かったよ!」と、私に怒った。
「分かってるよ。でも悲しかったの。私が悲しんじゃいけないの?」と訊いたら
「あ、そーですか。」と悪意に満ちた返事をされた。
また開きかけた蓋に重しを乗せた。

DSC_0020.jpg

その日は色々慌しくて、夕食が終わってからまた子ども達といのちのお話の続きをした。
それはまた後日書こうかな。

で、子ども達が寝てからの夫婦喧嘩の話。

「今日のお話、一緒に行ってくれてありがとね。行ってよかったね。」
「別に行かなくてもよかった。」
主人は正直。
「あの時何で言ってくれなかったの??悲しかったんだけど。言ってほしかったな。」
「そんなこと誰でも簡単に言うもんじゃないよ?」(こっちを見もしないでいやいや喋ってる感じが露骨。)
「でも何で言わなかったの?」「ねー?ちゃんと話し聞いてよ。傷ついたんだけど!」(と、、言ってほしいからしつこく訊く。)
「もーだからあーいうの嫌なんだよ!面倒くさいんだよ!」

さっくり。

鋭利な言葉で腸抉り出す気か。
私の悲しみとか、面倒くさいんだってー。
何か、よく解った。腑に落ちた。
今まで喧嘩しなかったのって私が蓋してたからじゃん。
勿論、主人も同じようにしてたのかもしれないけど。
私は元々、気持ちや感情を持ち寄って理解し合おうと構築的に話し合うタイプなんだよね。
でもそれが面倒な主人をいつも目の当たりにして傷つく。
相手にしてもらえなくて、虚しさだけが残る。
傷つくのが恐いし、嫌われるのも嫌だし、仲の悪い両親で居たくないから私は蓋をした。
悲しみだとか、ネガティブと思われがちな感情に。
そしたらいつの間にかそれが習慣になっちゃってた。
悲しんだり、凹んだりしていちゃいけない。
傷ついても気付かなくなっていった。
自分の感情に耳を傾けず、ビニール袋につめてしっかり結んで、バケツに放り込んで蓋をする。
私の感情は窒息して誰にも気付かれずに死んでいった。
そうだったのか。

DSC_0089.jpg

そう気付いたとたん、怒涛の怒りが押し寄せてきた。
私は蓋をあけて吐き出した。
いやー子宮の声ってよく聞くけどコレだな。。。と思った。
恐ろしい罵倒のオンパレード。
でもすっごく本音。
口は悪いが的を射てるなーと何処か冷めた目で客観視している自分もいたり。

それまで嫌われたくないとか、仲良しな夫婦で居たいとか
失いたくなくて自分の感情を蔑ろにしてきたことに気付いて、手離す。
そんな不安なんかより感情の方が大切じゃん。
喜んだり笑ったりだけじゃない。
悲しんだり、泣いたりそんなのがあるから人間なんじゃん、人生なんじゃん。
もう嫌われようがなんだろうがいいよ!
離婚上等。
そんなに面倒なら子育ても夫婦も辞めちまいな!!
私は自分の感情を取り戻す。

DSC_0036_20150707005427bb4.jpg

私はここ数年の妙な霧が晴れてすっきり。
そして霧が晴れたその場所にはモヤモヤと頭を抱えた男がひとり。
頭の中で考えたこととか感じたこととかと言葉か直結してる私と違って主人はそもそも無口。
そして感情の起伏がなだらか過ぎる。
私の言葉を咀嚼して答えを出そうとしてくれていた。
それまで「めんどくさい」の一言で、向き合おうともしなかった彼が。
主人の正直な言葉同様、本音と言うものは突き刺さる。
私の言葉も刺さったらしい。
本音って、凄いパワーあるね。

DSC_0044.jpg

全然タイプの違う私を感覚的に理解するのは難しいかもしれないけど
やっとちゃんと受け止めてくれた。
うん、いいの。別に理解なんて求めてない。
ただ、私でいさせてくれ。
私は貴方も好きだけど子ども達も好きだけど、私も好きなんだよ。
面倒な女なんだよ。

トレイルマラソン


喧嘩をしたっていい。
こうやってまた、理解を深めていったらいい。
歩み寄っていったらいい。
そんな単純なことに幸せだから逆に気付かなかったね。
そんなことくらいで失うものよりもっと大切なものがあるし、
そんなことぐらいで失うわけがなかった。
もっと、安心してよかったんだね。
主人が私が傷つくことも恐れず「面倒くさい」ってはっきり言っちゃうくらい
私だって本音で「ちゃんと向き合えコノヤロー!」って言っちゃっていいんだよ。
何だかマラソンのごとく遠回りしたけど
改めて沢山のことに気付く種まきしてくれた誕生学に感謝。
コニの為って思っていたけど夫婦にとって良かったな。
ちえさんありがとう!

ちなみに、、、この記事だけ読むと鬼のような主人に思われちゃうかもだけど
家事は疲れてる時でも当たり前にやってくれる。
子ども達のことも全部平等にやってくれる。(授乳がなくなった今、、寧ろ主人の方が役割分担多い)
愛の言葉もないけど、文句も言わない。
下手な料理も残さず食べてくれる。
私の仕事にも理解があって、フォローもしてくれる。
そしてこの前なんか私の誕生日にサプライズでケーキ作ってくれた!
そんな主人だからこそ余計にわがまま言えないなって思って感情に蓋しちゃったんだな、私。
ケーキ作ってくれたのはこの喧嘩のお陰もあるかもねー♪
これからは感情を大切に味わいつつ、仲良くやっていくぞー。

DSC_0051.jpg

誕生学~家族で聴くいのちのお話~を聴いて・・・夫婦編でしたー。
子ども達と向かい合った親子編はまた今度。

足で100キロ、車で100キロ

Posted by michico on   0  0

1月11日日曜日は宮古島ワイドーマラソンでした!
ワイドーとは宮古の方言で「ガンバレー!」的な意味。
健二さんは今年で三回目のエントリー。
初年度は50km、去年は100km、勿論今年も100km!
過去二回とも無事完走。
さー今年はインド行っちゃったもんで全然練習できなかったけどどーかしら。。。

宮古島ワイドーマラソン

スタート五時って、、、この時期早朝というより深夜の気分。
怪我しないようにね!いってらっしゃーい!
長い一日の始まりだー。
走り出したとたん、置いていかれたとワト号泣、、、。
流石に抱っこして連れて行けないでしょ。

一日追いかけるのでとりあえず私たちは車で仮眠。
後ろの座席フラットに出来るのでばっちり布団を敷いて就寝。
私は日の出と共に応援開始!うーー寒いーー。

宮古島朝焼け

こんな時間普段は外でないけど綺麗だわー、やっぱり。
島の目覚め。

宮古島朝焼け大神島

大神島も静かに見守ってる。

DSC_1661.jpg

眩しすぎるー。

DSC_1663.jpg

何かファンキーな人。

宮古島ワイドーマラソン

池間大橋。池間島を一周して戻ってきたよー。
ガンバレー!!まだまだ先は長い。

沿道で応援していると、「ありがとう!」と応えてくれる人や手を振ってくれるランナーが沢山いる。
このランナーとのコミュニケーションが何ともいえぬ感動なの。
苦しいはずなのに笑顔をくれる。私もそれを受け取って、心から応援する!
宮古島へ移住して初めてトライアスロンの応援をしてから、すっかり応援にはまってしまった私。
私は絶対に走りたくないけど、応援大好き!

宮古島ワイドーマラソン

アップダウンの激しい坂道、後半にきつい。お疲れ気味。

宮古島

でもこのロケーション。。。気持ちいいーー。

DSC_1672.jpg

おでこに朝はなかった傷。。。だから危ないよって言ったのにー。
ワトは何かとおでこをすりむく。

宮古島ワイドーマラソン

さーゴールはコニも伴走!ってもうゴールかい!!
やー、もーワトが危なっかしくて全然カメラ持ってらんなかったよ!

宮古島ワイドーマラソン

ゴール!前回は日が落ちて真っ暗だったけど今回はタイムも縮めてまだ明るい。
お疲れ様でしたーー★
コニもワトも私も頑張ったねー。
いやーやっぱゴールはうるうるしちゃうわ。

今日は三人でお父さんの足をモミモミしてあげました。

マラソンの魔法。
マラソンを始めてから、健二さんは今まで以上に家事を負担してくれるようになった。
仕事も増えたし、マラソンの練習もしてるから空き時間は減ったはずなのに。。。
そのお陰で私も仕事が出来て、気持ちよくトレーニングに行ってらっしゃいが言える。
体力も元々強かったけどかなりパワーアップしてるのが今回のインド旅で感じた。
なんて頼もしい!!
それに、家族が一生懸命打ち込んでる事を応援するのが楽しい!
マラソンに限らず、情熱を持って打ち込むことがあると人って輝くのだー。
完走おめでとう!そしていつもありがとう!

さ!来月は伊良部マラソン!楽しむぞー!
って私は走らないけど。

該当の記事は見つかりませんでした。