旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店 Macrame Jewelry MANO blog

― 宮古島暮らし 海と子どもとマクラメと ―

10年前の5月の終わり、旅の果て。

Posted by michico on   0  0

早くも終ってしまった5月。
始まったばかりと思ってた今年が
もうすぐ半分だなんて
笑っちゃうな。

宮古島 海遊び バラス 八重干瀬

お店なんかをやっていると
時々聞かれる宮古島移住の理由。

宮古島 キビ畑

「海が好きだから」でも
「田舎で子育てをしたくて」でも
「観光地でお店を開きたかった」でもなく
気が付いたら
海に恋して、田舎子育てして、お店を開いて暮らしてただけ。

もしかしたら理由って特にないのかも。。。
でも、流れはあった。
一つの旅路。

宮古島 海遊び 八重干瀬

2006年メキシコの田舎町で
「みやこ」という地名を初めて知った。
宮古島にキビ刈りとか季節労働しながら住んでいた友人から聞いたのだ。
そう、最近パパになった大好きなアイツから。

宮古島 海遊び 赤ちゃん

その頃私は初めて
東京の実家から出て暮らしてた。
3カ月の予定で旅に出たメキシコで。

宮古島 海 ビーチ

家族と仲良しだったし
東京は仕事もあるし
実家を出て暮らすなんてイメージを持たぬまま
20代半ばになった私は
やりたかった仕事に恵まれ
1日14時間労働を必死でこなし
すし詰めの小田急線に揺られる
それなりに色の白い女だった。

宮古島 海遊び 八重干瀬

そんなんがメキシコ来てみたらしっくり。
帰りの航空券は煙となった。

宮古島 子育て

当たり前に暮らしていた「東京」は
離れてみると恐怖に似ていた。
全く帰れる気がしない。
メキシコに一年暮らした後、私は旅人に。
計画的に動くタイプだった私が
無計画に明日の自分を自由に暮らす生き方はチャレンジだった。
キューバ行って
NY行って
そっからボリビアへ飛んだ。
「まだ日本帰れないな、どうしたもんか」
そんなぼんやりした問題を抱えつつ
南米をウロウロしてた。

宮古島 海遊び

そして或る日「は!」っとする。
「日本って東京だけじゃないじゃん!!」
目からうろことはこのことだった。
本気で気付いてなかった。
「帰国してから東京以外に住んだらいいんじゃん!!
か、、、帰れる!
あー。じゃあ宮古島に住もう!」
なんで宮古だったのかよく分からないけど
それ以外の選択肢は特になかった。
ミヤコジマという音が妙にしっくりきた。
そのうち日本に帰って宮古島に住むと決めたら
何だかすっごく気が楽になったんだった。

ペルー デート

そんな風にプラプラ旅してる頃に
エクアドルで主人と出逢い、虹を孕み、帰国を決めた。
当時主人も三年出っ放しの旅人。
「日本帰ったらどこ住む?」って聞いたら
『何処でもいいよ』
「宮古島住みたいんだけどいい?」
『沖縄行ってみたかったしいいよ』
今考えると軽っ!!
そんな風にして沖縄すら来たことのない
三年日本を知らぬ若き二人が宮古島へ移住してきたのが
10年前の5月の終わりだった。

宮古島 海 妊婦

もう10年だなんて
笑っちゃうな。

初めていっぱいの夏

Posted by michico on   0  0

朝、子供たちを送り出して長い長い夏休みの終り。

DSCN2590.jpg

浴衣、私のおさがりバージョン。レトロー。
仁平はばーばのお手製。

やー、またまた。前回の記事から随分、時が経っちゃった。
コニの小学校入学、ワトの保育園入園によって幕を閉じた子育て第一章。
第二章の始まりはドタバタ。
あんまりバタバタすぎて全然書けなかったんだけども
我が家の記録としても残したいなーって思うのでちょっとずつ書いていこう。
とりあえず今日の日記は夏休みの記録。

宮古島 移住 ビーチ

宮古島 移住 キャンプ 太鼓

みんなでビーチ集合。
子供たちは夕暮れの海で大はしゃぎ。
日が暮れるとたくさんの太鼓とファイヤー。
アフリカンのリズムに女たちは舞う。
私たちはそのままキャンプ。
島暮らしの幸せ。

宮古島 移住 自由研究 来間島 太陽染め

宮古島 移住 自由研究 来間島 太陽染め

コニの初めて体験も色々。
お友達と一緒に自由研究。
来間島で太陽染めワークショップに参加!!
私も一緒にやって、めっちゃ楽しかったー!!
宮古島へいらした方にも超オススメー!
「MAHINA」

宮古島 劇団 かなやらび

そしてこちらもコニ初体験!
地元のこども劇団「かなやらび」の舞台を観覧。
映画は見るけど、生で演じられる舞台は初めてで迫力に感激!
目が輝いてる時のコニ、好き★
アナウンサーの友人が女神役で出演!!ってものドキドキで楽しかった!
こどもたちが何かにまっすぐ打ち込んで作り上げていく瞬間って素敵すぎる。
エネルギーもらっちゃった。

DSC_1427.jpg

ワトくんの初めてはお遊戯。
終始笑顔でめちゃくちゃ楽しそう。。。。
この感じ、大きくなるまであるといいなー。健やかな人よ。

宮古島 移住 行事

そして地元の伝統文化である「ヨンシー」という踊りにも参加。
主人もコニ・ワトも。
うちでもよく踊ってるけど本番も楽しかったね。

宮古島 移住 行事 伊良部 パヤオ祭り

伊良部島のパヤオ祭りではタマンの稚魚の放流体験。
大きくなって帰って来いよー。

IMG_3476.jpg

浴衣、ばーばのお手製バージョン。
生まれてからまだ一度も切ってない後ろ髪、すっかり長くなって編むのが楽しい。
お祭りも色々行ったねー。

宮古島 移住 イベント ロックフェス

ロックフェスも。
ミュージックコンベンションもめっちゃ楽しかったー。
来年も行きたいなー♪

宮古島 移住 ビーチ 子育て 亀

みんなふざけすぎて並んで写せないお年頃。。。
内地に帰って見たイルカのショーに感激し、将来の夢は「イルカのお姉さん」のコニ。
冬からスイミングも始めてシュノーケリングの精度も上がってきた!
今年は何匹も亀さんを見れて一緒に泳げて最高だったー。
ワトくんも浮き輪で亀さんにあえて興奮。
あぁ、島暮らし幸せ。

宮古島 移住 ビーチ 子育て

最近すっかり認知度が上がって観光客いっぱいの宮古島だけど
ちょっと外せばこんな場所も私たち三人だけのプライベートビーチ★
楽しかったね夏休み。

小学生の夏休みオワリ!
母の夏休みが始まるぞーー!
って言ってもなんか逆で仕事やっとできるぞーって感じなんだけど。
私は仕事も遊びと境目が曖昧さん。
さ、楽しく仕事しますか♪

洗い流す

Posted by michico on   0  0

九月の終わり。
コニの保育園へ早めに迎えに行ってその足でいつもの新城海岸へ。

宮古島新城海岸

本州よりもずーと西にある宮古島は陽が長い。でも四時半、もうすっかり夕方っぽくなっちゃったなぁ。
秋ですねぇ。、、、って感じの写真でもないか。

コニ・ワトと三人でシュノーケリング。
台風の影響か流れがきつくて流されながら~。
コニはすっかりおねーさんなので三人だけできてもなんとかなった!
本当コニには助けられてるわー。

宮古島新城海岸

四歳になってからお決まりのポーズは指が4。
三歳のときはずっと3でした。。。ピースしてたのは二歳まで。
来年はパーになるのでしょう。


そして先週末、台風23号去った後。
お父さんがベランダの窓を洗い流す。見つめる二人。

宮古島台風

塩水吹き荒れるので窓がベトベトになっちゃう。
主人はいつも台風収まるとすぐさまベランダ掃除してくれます。
いつもありがとう。

夕食後に停電になって翌朝午前中には回復して大した被害も無い我が家でしたが

宮古島台風

新城海岸やば!!こないだまであんなに綺麗だったのに!!!
大潮だったし。今まで見た中で一番酷い。
毎回台風のたびテーブルが壊れたり、すさまじい漂流物が流れ着いたりと海岸は大変。
いつもみんなが楽しく過ごせるように海の家のわーらやみよしやさんたちが大変な思いをしているんです。
感謝しなくちゃね。本当、ありがとうございます。
今回は重機が入ったらしい。そらそうだよなぁ。。

で昨日行ってみると

宮古島新城海岸

波打ち際は綺麗に洗い流されて寧ろ台風前より綺麗なビーチに!
漂流物、全然ないのでハイハイしまくりのワトくん。
来週で一歳になるよー!今日からバイバイができるようになりました。

主人にワトを見てもらって久しぶりに一人で泳いだ。きもちぃぃぃーー。
何度泳いでも飽きない。
海に身をゆだねながらふわーってしてると音の世界に迷い込んだり。
ラリマーみたいな色の中に溶け込んで。
宮古島へ来たばかりの頃の感動が蘇る。
海に感謝。
心も洗い流される。

あぁーいっぱい作品作りたい。
最近ワクワク。

さて。話は変わって。
台風での停電はすぐ回復したものの、テレビが映らなくなった。
うちは古いブラウン管テレビにチューナーつけて見ていたんだけど。
テレビが壊れたっていうより受信できなくなっちゃった。
そのまま数日。

な、、なんて快適なんだ!!!
朝のドタバタが半減した気がする。時間がゆっくりで仕事はかどる。
前々からなければ無いでいいと思っていたけどまさかこんなに心地いいとは。
でも主人はテレビっ子。。。辛いだろうなぁ。

と思っていたら。
そんな彼がまさか「じゃぁテレビ捨てよっか」なんて言うとは!
そんなわけでテレビとさよならすることに。コニも納得してくれた様子。
台風が我が家の生活も洗い流してくれた感じ。

でも停電のたびに電気のありがたさを痛感する。
色々あるけれど電気、大切にしなきゃね。

パーントゥって、、、

Posted by michico on   0  0

コニご機嫌!彼女はまだ知らない。
パーントゥって何なのか。

ルンルンコニ

数日前から「パーントゥ行こうねー」と張り切ってルンルン。
忘れちゃったのね、一昨年の恐怖を。。。

絶叫コニ

ぎゃー!!たすけてー!!!
あなたの会いたがってたパーントゥですよー。

宮古島は島尻地区での伝統のお祭り。
泥まみれのパーントゥさんたちに厄払いしてもらいます。
新築の家とかはこの姿で家に入られてゴロゴロとのた打ち回られたり。。。
ありがたやーー。
この泥、聖なる井戸の底からくみ上げたものらしい。
とっても乙な香りが、、、。

パーントゥリオ

リオも。

パーントゥニマ

ニマちゃんも。

もちろん主人も私もお腹もコニもしっかり泥んこしていただきました。
帰りの車中、臭かったー。

パーントゥコニ

コニはそれから
「いいこにしてたらパーントゥこないよね?」と。
悪いことしたら来るかもね、、、と伝えておきました。
悪いかーちゃん。。。

これで安産間違いなしでしょー。間に合ってよかったー。

その友人と出逢った町ボリビア

Posted by michico on   4  0

可愛かったパソコンが壊れてしまった。かわいそうに。
今までありがとう。ごめんね。

りおとコニ

翌日、車で五分ほどの友人宅へネットしに。
お買い物です。
容量でかいのに安いわねー、今のPCは。
あぁ、、、しかしとうとうwindowsデビュー。
愛しのmacは今の私たちには高すぎる。。。。
というわけで慣れない新品PCから綴っております。


そんなこんなで最近お世話になりっぱなしの近所の友達。
この夏、宮古島へ引っ越してきました~。
旅の途中はボリビアで出会った夫婦。

うちに一週間遊びに来てその間に一軒屋を借りることに成功したツワモノ。
最近は震災の影響で移住者が一気に増えたのもあってか、借りれる家が激減!
アパートすらなかなかないらしい。。。
そんな中、サーファーだけにいい波に乗って無事移住成功してくれたこのファミリー。
もともとの友達が引っ越してきたのは初めてなので本当嬉しいのです。

そしてその友人宅、非常に居心地がよく、ついつい長居しちゃうのですが
酷かった、、、借りたときの状態。
よくここまで素敵空間を創ったなぁ、、、と感心。そして居座ります。
彼らのブログにその変遷が。
しかも同じマクラメで石をつかったアクセサリーをつくる仲間でもある彼ら。
これから一緒に色々楽しめそうです。わくわく。

そんな彼らと出逢ったボリビア。って何処??っていう人も多い。
南米です。ちょっぴり紹介。

ボリビア・ラパスの町を見下ろす

標高3600Mに位置する首都ラパス。(憲法上の首都はスクレ)
富士山くらいの高さにあるってこと。ジオラマみたいね。
コニもお腹から見ていたはず。

エルアルトの丘からボリビア・ラパス

空近く感じたなー。アンデス。懐かしいなぁ。
日差しがやばい。宮古どころじゃない。
主人ともこの丘のマーケットで買い物しまくったのよね。

お祭りの日ボリビア・ラパス

祭りの日。民族衣装が素敵なの。おばちゃん、基本三つ編みに帽子。
ボリ人、小柄。

リャミータ ボリビア

アルパカとリャマの見分けつかない。。。アルパカかな?
家畜なのでいたるところにいる。

ウユニ塩湖乾季ボリビア

有名なウユニ塩湖。TVで見た人も多いのでは?
乾季と雨季では表情が違う。

ウユニ塩湖雨季ボリビア

雨季のウユニ。
人間が不自然に感じてしまう不思議な空間が広がってた。
今までにない白と青だけの世界に放り出されて。


日々を当たり前にすごしていてあの旅した時を思い出さない日はない。
回想旅行は私の習慣。そして精神安定剤的な存在でもあるきがしてる。
たまーにお付き合いくださいなー。

該当の記事は見つかりませんでした。