旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店 Macrame Jewelry MANO blog

Macrame Jewelry MANO ~宮古島暮らし 海と子どもとマクラメ編みと~

Mon. 02:08:21 -Revisando

09

19

co: 4

tb: 0

cuba libre 

クーバ リブレ。自由なるキューバ。
お酒の名前。
日本ではラム・コークって言われてるあれです。

先日、友人からもらったラム酒。
夜中の授乳卒業した來虹さんのおかげで解禁!
寝かしつけてからたまに飲んでる。
普段そのままではまず飲まないコーラもラム酒と出会うと。。。
たまりません。私にとってはとっても懐かしい味。
リモン(レモン)の代わりに主人の母が送ってくれたスダチを絞って
一人でサルー!!(乾杯!)

広がるサトウキビ畑とタバコ畑、そしてエメラルドグリーンの海。
それが宮古島とキューバの共通点。
カリブ海に浮かぶ、自由を失ったあの小さな島国。
キューバを想うといつもちょっと切なくなってしまう。

そんな私の大好きな国キューバをちょっと紹介。

キューバ・首都ハバナ

キューバの首都、ハバナ。
キューバといったら皆、何を思い浮かべるんだろう。
コイバの葉巻、サルサ、バレーボール、Buena Vista Social Club。
私はこうだった。チェ・ゲバラ、カストロ政権、社会主義。

キューバ・国旗とゲバラ

国旗とゲバラ。
私がメキシコからキューバに飛んだのは2007年の9月。もぉ四年前か。
それまでの一年をメキシコのサンクリストバルデラスカサス(通称サンクリ)で
過ごした。そこは反政府軍(EZLN)の自治区がある町。
日本で当たり前に過ごしてきた資本主義・民主主義の社会だとか、
宗教や人種、貧富の差、政治、、、
初めてTVのニュースを鵜呑みにすることに違和感を覚えた、貴重な出逢いの場所だった。
そんな流れからのキューバだけに政治的な背景を気にせずにはいられなかった。

キューバ・ゲバラの看板

今もなおゲバラたちの革命を讃える看板。
後ろの建物、遺跡か?って感じに朽ちているけど街中こんなかんじ。
廃墟のようなマンションから翻るカーテン。そこにある生活。
廃車にしか見えない古びたお洒落なアメ車が真っ黒なケムリを吐き捨てて走る。
時代を逆走してくみたいに。

キューバ・ハバナ海岸沿い

「モノがない」
とは聞いていたけど、どんな感覚なのか私にはさっぱりわからないでいた。
昭和初期の日本みたいだと形容する人もいた。
実際に行ってみて初めて体感する社会主義国での生活は驚きに満ちていた。

キューバ・手描きの標識

標識も手描き。でもなんかいいよね。すごいスキ。

モノが無い故に、人はモノを大切にした。
古い車を磨き上げて、塗り重ねて剥がれたペンキが美しかった。
毎日メンテナンスしないと走れない、世話の焼ける可愛いやつ。
家の前に古い椅子に座ったおじいさんが古くなった子供の靴を丁寧に直している。
きっと孫の靴だろう。
別に車修理工じゃない。靴職人でもない。
ただのキューバ人。
それが社会主義だから、モノが無いからという理由であっても
モノを大切にするという当たり前であるべき行為に感動してしまった。
同時に政治によってこれだけ違うのだということも痛感。
資本主義の使い捨て社会に生まれ育った私が
キューバから受け取った沢山のメッセージ、子供にも伝えていきたい。

キューバのお洒落少女たち

ってなんかキューバについて語るとなにかと真面目になっちゃうんだけど
実際楽しい国!!人好きが多い。
あんまり働く気ないからみんな遊んでくれるし。
(いいんだかわるいんだかね。。。)
子供も元気いっぱいでなんかお洒落さんだし。
(この二人、服くれ!!って超しつこくてかなりあげたけど)

キューバ塔の上の少女

入国にはビザが必要で、日本人はmax一ヶ月。(申請で延長可能らしいが)
ってことで私は一ヶ月いた。
実はキューバを出国する二日前に引ったくりに遭い、カメラを紛失。
なので写真の大半はなくなっちゃったのよね。
その当時の日記が、、、、、




旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店
マクラメジュエリー マノ オンラインショップはこちら

マクラメジュエリーマノ

最後までお読みいただきありがとうございます♪感謝♪

-- まだまだ続く --
manoMacrame
流離うの関連記事
タグ:   暮らし 

カテゴリ: 流離う

△page top

perfil

calendario

diario

categoria

archive

comentarios

todos diarios

search

RSS