旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店 Macrame Jewelry MANO blog

― 宮古島暮らし 海と子どもとマクラメと ―

コニと私の10年

Posted by michico on   0  0

宮古島で暮らして10年
結婚して10年
母になって10年
そして來虹はこの前台風のさなか、10歳になった。

石垣島

夏休みに子どもたち2人だけで主人の実家に帰ったコニの物欲はすっかり満たされ、
私へプレゼントのリクエストは特に無し。
ということで自分が欲しいモノを贈ってみた。

宮古島 パラグライダー

初パラグライダーという体験を。
スリランカで乗った気球以来のダイレクト空!
むちゃくちゃ気持ちよさそうだった〜〜
私も早くやりたいわー。

宮古島 パラグライダー

宮古島 パラグライダー

宮古島 パラグライダー

宮古島 パラグライダー

そして一応カタチ在るものとして
ブライスにコニとお揃いのパウを。
小さいサイズ困難。
まち針刺さりまくって流血しながら作ったさ。
いつまで経っても裁縫苦手。

どちらも満面の笑みで喜んでくれて
私幸せ。


そんな彼女、7月の私の誕生日には
とても驚かせてくれた。

その日起きてすぐに
「お母さんお誕生日おめでとう!」
と言ってくれたのはまだ目が開ききってない環人君だった。
起きた瞬間と同時に言えるって
どれだけ言おうと計画して眠りについたんだろう。
彼らしくて嬉しかった。
一年生になってなかなかの長文のお手紙も書ける様になって、綺麗な貝殻もプレゼントしてくれた。

八重干瀬 ワト

私はそのあと失敗をした。
キッチンに貝殻がいっぱい塩抜きに水に浸けてあって、それはコニが前日に潜って拾ってたものだった。
全部藻がついてて、緑色だった。
私は単純に謎で、彼女に質問した。
「なんで藻がついてるの拾うの〜〜?」
そしたらコニは「じゃぁ捨てるー」と
貝の入ったボウルを持って庭に出た。
すぐさまキッチンに深刻な顔をした環人が走ってきて
「お母さんへのプレゼントに頑張って拾ったんだよ!コニ可哀想!」と言って泣いた。
「!お母さん謝ってくる!!」
庭で貝殻を流してるコニに謝った。
「別に〜」とホントにさほど気にしてない様な顔だったけど、彼女は割とポーカーフェイスだからな。。。
胸がチクリと痛んだ。

しまったなぁ。。。と思いながら
私のお店へ行くとカウンターに手作りの箱があった。
可愛いリボンがいくつも重なって縁取ってあり、ビーズに貝殻、お花の飾り、可愛いシールがいっぱいついてダンボールで作ったハート形の箱。
そのマテリアルたちはコニがコツコツと集めていたものだ。
中には小さな手作りの封筒が沢山入っていた。
前夜、コニに封筒の作り方を聞かれて私はちょっと面倒くさそうに教えてしまった事を後悔した。
私の為だったんだ。
一つ一つ開けて私は驚く。

八重干瀬 ドローン バラス島

小さな可愛い貝殻が沢山(藻はついてなかった 笑)
そしてキーホルダーが2つ。
ワンショルダーのビキニとロングフィンにマスク姿の私が描かれたお手紙にはこうあった
「あのキーホルダー、まちきれなくてすぐにかっちゃった」

かなり前、そう多分数ヶ月前に一緒に買い物している時に
「自分のお金でキーホルダー買っていい??」
何やら興奮気味のコニに聞かれて承諾したんだった。
私も子どもの頃はキーホルダーとか好きだったなぁって思って見てた。
自分のお金でお買い物する様になったんだなぁ。
よっぽど欲しいんだなぁ。
謎だったのが、アルファベットのついたデザインのものなのに自分のイニシャルじゃないのを選んでいた事。
その時私は全然気付かなかった。
それが私の為に選ばれたミチコのMだということに。
あんなにずっと前から私の誕生日を祝うことを楽しみにしていてくれたんだね。

イルカちゃんにMがついたキーホルダーは愛車のバックミラーに。
亀さんのは愛車のキーにつけた。

八重干瀬 ドローン バラス島

ビックリして喜ぶ私を見て嬉しそうに照れるコニと
思いもよらなかったコニからの上等なプレゼントを見て自分のより嬉しいはずとショックを受けてまた泣いちゃった環人。
2人が愛おしすぎて泣けた。
毎日毎日、あなた達が居てくれることが何よりのギフトですわ。
その日は八重干瀬へ。
來虹と水中で2ショット撮ってもらって大満足でした。

コニ ロングフィン ニライ号 漁礁 八重干瀬

因みに主人がおめでとうって言ってくれたのは夜寝る前、、、
どうせならはよ言ってよ。。。笑
(でも遅くまで海行ってたトコ、お家でBBQ の準備してくれてた!ありがとうよ)

コニを産んで私は母になった。
あの日から10年。
宇宙にみた彗星はこんなに大きくなった。

今でこそよく笑い、甘えてくる彼女だけど一時期はあまり性格が合わず、正直どうしようと思うこともあった。
当時、誰一人知らない地域に引っ越しての小学校入学は彼女にとってストレスだったに違いない。
温厚な彼女がちょっぴり荒れて、幼い環人に当たっているのを見ると辛かった。

そんなコニと、
ワトと私と3人でメキシコへ行ったのは1年生の秋。
いつも頼りになるお父さんが居ない事で
私達は協力し合い、役割り分担を見いだしながら旅したのは尖ったコニがまぁるくなるのにとってもいい時間だった。
欠如というものは時に大きなギフトだという事に改めて気付かせてもらった。

メヒココニワト

そしてこの春
ちょっとしたミステイク(笑)から、家族四人の予定がコニと女子二人になったインド旅。
コニも私も3回目のインド。

コニインド

コニインド

環人が生まれてからずっと
姉というポジションを任されていた彼女が解放され、すっかり甘えん坊になった。
素直にべったり甘えることの難しさは、長女として生きてきた私もよく知ってる。
彼女はいい感じに素直になり、以前よりも色んな事を話す様になった。
またしても仲良し姉弟の欠如によって得られたものは大きかった。

コニワト

そんな今
コニ、本当に可愛すぎる。
可愛い時期って赤児の頃がピークなのかと思ってたけど、違ったらしい。
衰えを知らない。
愛は無限大なんだなぁ。

コニインド

成人までもう折り返し地点に来てしまったコニ。
嬉しい成長、だけど
べったり一緒に居られる時間の
カウントダウンでもある時の流れは
ちょっと切ない。

コニ 赤ちゃん

來虹さん10歳おめでとう。
私も母10年生おめでとう。
これからも仲良く楽しく宜しくね。


※ってお誕生日9月6日だったんだけどね!
台風でネット回線断絶何度もしてて書けなかったんだよ〜〜

該当の記事は見つかりませんでした。