旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店 Macrame Jewelry MANO blog

Macrame Jewelry MANO ~宮古島暮らし 海と子どもとマクラメ編みと~

--. --:--:-- -Revisando

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店
マクラメジュエリー マノ オンラインショップはこちら

マクラメジュエリーマノ

最後までお読みいただきありがとうございます♪感謝♪

manoMacrame

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sat. 23:56:22 -Revisando

10

31

co: 0

tb: 0

我が家のアルバムから 

あー。
もう11月になっちゃう。
そんでもうすぐ2015年終わりじゃん。

そんで気付いたら子どもたちもうすぐ成人じゃん。。。ってなっちゃうのかしら。

8月。
夏休み。
自転車で自宅から東平安崎までの道のり10キロに挑戦したコニ。

DSCN1342.jpg

お父さんの伴走つきでも、坂道はちゃんと自分で自転車を押してゴールまで頑張った!
流石、マラソン大好き健二さんの子だね。。。私は無理だわーー。

宮古島定住七年目、今年が一番マンゴーいっぱい食べたなー。
美味しすぎるよー。来年はもっと食べてやる!!

宮古島 マンゴー

久しぶりの友人と伊良部島で遊んだ時、初の砂浴を体験。
コレが結構気持ちよくって寝そう。

宮古島 伊良部島 渡口の浜 ビーチ

ってか、ワトくん本当さー、顔半分おでこだよね。
私に似ちゃったね、、、ゴメン。

お祭りに行けば自然とお友達と集合できちゃう感じも宮古島サイズのいいところ。

DSCN1316.jpg

ばーばが縫ってくれた浴衣と甚平はお気に入り。茣蓙敷いてのんびりな感じが好き。

DSCN1319.jpg

クライマックスの花火、素敵なのにさー。ワトは音にビビッて終始目をつぶったまま。。。
もーー。綺麗なのにーー。見てよー。


9月。
コニは六歳になった。
FBの方では記事アップしてたんだけどブログ書いてなかった~。
お誕生日プレゼント、リクエストはスニーカーじゃないおしゃれ靴とブルーのティアラ。
ってことでレインボームーンストーン×クォーツコンビネーションマクラメヘッドドレスを前夜一気に仕上げる。

マクラメヘッドドレス

お陰で誕生日当日は寝不足ヘロヘロかーちゃんになっちゃったんだけど。
似合う~!!と親バカしちゃう。
いつもピンクピンク言ってた人がブルーに目覚めるお年頃。
プリキュアプリキュア言ってた人がプリンセスになりたいお年頃。
ばーばからの贈り物のワンピースにもピッタリ。

マクラメチョーカー

もちろんチョーカーとしても使える2way仕様★

image[2]

いつまでも仲良し姉弟でねー。

そして運動会もありましたー。
我が家の住んでいる地域はなんと、、、幼稚園、小学校、中学校合同。
で、何故かやたらと親の出る競技多し。。。
私はご遠慮させていただきましたが、主人はいくつかノリノリで出場。

DSC_0575.jpg

走りながら笑顔で手を振っちゃうあたり、闘争心全く感じませんでしたが楽しんでいた様子。
でも踊ってる時が一番楽しそうだね、あなた。

DSC_0597_201510312239418f9.jpg

そんで、まだまだ甘えん坊。

毎年恒例の私の妹来島!で、伊良部大橋わたって伊良部島へ。

伊良部大橋

青だらけの世界に癒されるー。

伊良部島 下地島

フェリーに乗って大神島へも。

大神島 フェリー

妹と交替で泳げたお陰で、何年ぶり?!の夫婦でシュノーケリング!
何万匹??って位のお魚の大群やさんご礁が見れて大満足★

大神島

にしてもあそこはタイムスリップしたような異空間。不思議な神様の島、大神島。
ありがとう。

大神島

初めてのトンボ玉体験にも挑戦!真剣。そして意外と上手かった。

トンボ玉体験 宮古島

10月。
だいぶ涼しくなって徒歩の通園も気持ちいい季節。
日本の中でも西にある宮古島、日の出が遅いので早朝のような太陽。もうすぐ八時だよ。

DSCN1667.jpg

ワトが生まれた年から恒例のエコマラソン。もうすぐスタート!

宮古島エコマラソン

もちろん完走。お疲れ様でした。ランナー仲間に撮ってもらった家族写真★

宮古島エコマラソン

そしてもうひとつ、この時期恒例の。。。パーントゥー。
嫌がる子ども達を尻目に繰り出します。
到着早々、やられた人。

宮古島 パーントゥ

コニ恐怖のあまりダッシュで逃亡!!リアル迷子!
、、、居ました!!茂みに。逆に恐いわ。

DSCN1620.jpg

そして!!捕まる。ひー。

宮古島 パーントゥ

今年も一年、無病息災。ありがたやー。

子育て支援センターで参加させてもらった10月のお誕生会。
お家でいっぱい練習したからマイクを向けられてげんきに「わとくんです!」って言えた!
けどその後、照れちゃって「三歳です」言えず。
「おめでとうございます」の返しに「わとくんです!」ってもう一回言っちゃったけどかっこよかった!
母、泣きそうでした。。。

DSCN1675.jpg

こないだまでこんなに小さかったのに。。。

DSCN1669.jpg

ってちがうちがう、こっちは仲良しのバクくん。
赤ちゃん大好きですぐ抱っこしたがるコニでした。

普通の日々。愛おしい日々。
写真を見ると笑ってる顔が多いけど本当は怒ったり泣いたりいっぱいあって
だからこそ笑顔のキラキラが輝くのかな。
とにかくうるさくて毎日大変だけど、纏わりついてきて困らせてくるこの人たちがそっけなくなった頃
私がしつこく纏わりついちゃったりしてね。
今日もいっぱい元気な笑顔をありがとう。

さー、明日はコニとワト二キロマラソン出場だー!
がんばるぞー!

旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店
マクラメジュエリー マノ オンラインショップはこちら

マクラメジュエリーマノ

最後までお読みいただきありがとうございます♪感謝♪

manoMacrame タグ: 宮古島  coni  暮らし  ありがとう  子育て  幸せ  wato 

カテゴリ: 育む

△page top

Sun. 21:12:45 -Revisando

07

19

co: 1

tb: 0

久しぶりの夫婦喧嘩 

ちょっと前のこと。
久しぶりに夫婦喧嘩をした。
とても長くなりそうなのでお付き合いいただける方は先月の帰省の際の心温まる写真と共にお楽しみください。。。

DSC_0105.jpg

久しぶりって言うくらいなもんで我が家は滅多に、滅多に夫婦喧嘩をしない。
私自身それは単純に仲が良いからだと思っていたの。
でもそんな単純じゃなかったんだって気が付いたんだった。

そのキッカケとなったのが「誕生学」~家族で聴くいのちのお話~。
その日、私たち家族は四人でそのお話を聴きに行った。
講師は以前宮古に住んでいたお友達の智栄さん。
彼女との出逢い、これがまた私には衝撃的だったんだけど六年前、コニがお腹にいる時だった。
臨月の満月みたいなお腹の中でプカプカしていたコニに導かれたその出逢いによって
私はお産との向き合い方が変り、幸せなお産を迎えることが出来た。
初産、痛くなかったっていう、ね。いやー、びっくりした。
別にプライベート出産でも自宅出産でもない。病院でね。
そんな彼女からまたお産に関わるいのちのお話を聴けるということで乗り気でない主人も引っ張って繰り出した。

DSCN1044.jpg

今回のそれは私の為というより、コニの為に。
赤ちゃんの始まりがほんの小さな点であったこと、
お腹の中で成長していく過程、
立体的な模型を使った骨盤のお話、
お産のシーンも含む映像もあったり、
それぞれのいのちが選んだカタチで生まれてくること、
帝王切開というお腹の窓から生まれてくるお産のこと、
一人ひとりに必ずあるおへそのお話、
プライベートゾーンのお話、、、

そして
子どももお父さんもお母さんの頭に手を置いて
「生まれてきてくれてありがとう」と言うシーンがあった。
そんな肝心なタイミングでコニは席を外してて私は少し落胆した。
そして主人がワトの手を引きながら私の頭に手を置いた。
無口な主人が普段そんなことを言ってくれるわけがないので私はドキドキして
嬉しくて嬉しくて待ってた。その言葉を。
でも彼は言わなかった。
頭はなでてくれたけど私がドキドキ心待ちにした言葉を、頑なに言わなかった。
私は心底がっかりした。
そして傷ついた。
悲しかった。
心から思ってなくてもいい。
セリフで棒読みでもいい。
それでも、言ってほしかった。
たったそれだけの文章を言うのがどれだけ面倒なんだろう。
それとも生まれてきて迷惑だったのか?
思ってないから頑なに口に出さないのか?
どんどん卑屈になってしまう。
考えれば考えるほど涙が出そうだった。
コニが戻ってきたのは計算なのか?!ってタイミングで
お母さんが子ども達を抱っこしてそのセリフを言うって時。
悲しみに浸りながら二人にありがとうを言った。
でも何か虚しかった。

DSC_0104.jpg

お産やいのちの話を聴いていてすっかり母親目線で全てを捉えていたけど
私もまた、産まれたいのちの一人だった。
私の誕生を喜んでくれる人はここにはいないんだ。
どんどん悲しくなってこれじゃまずいと思って蓋をした。

帰りの車の中で私はコニに
「お話の途中でいなくなっちゃってお母さん悲しかった。」って言ったら
普段あんまり怒らない主人が
「まだ5歳なのにちゃんと静かに話し聞いてたよ!!偉かったよ!」と、私に怒った。
「分かってるよ。でも悲しかったの。私が悲しんじゃいけないの?」と訊いたら
「あ、そーですか。」と悪意に満ちた返事をされた。
また開きかけた蓋に重しを乗せた。

DSC_0020.jpg

その日は色々慌しくて、夕食が終わってからまた子ども達といのちのお話の続きをした。
それはまた後日書こうかな。

で、子ども達が寝てからの夫婦喧嘩の話。

「今日のお話、一緒に行ってくれてありがとね。行ってよかったね。」
「別に行かなくてもよかった。」
主人は正直。
「あの時何で言ってくれなかったの??悲しかったんだけど。言ってほしかったな。」
「そんなこと誰でも簡単に言うもんじゃないよ?」(こっちを見もしないでいやいや喋ってる感じが露骨。)
「でも何で言わなかったの?」「ねー?ちゃんと話し聞いてよ。傷ついたんだけど!」(と、、言ってほしいからしつこく訊く。)
「もーだからあーいうの嫌なんだよ!面倒くさいんだよ!」

さっくり。

鋭利な言葉で腸抉り出す気か。
私の悲しみとか、面倒くさいんだってー。
何か、よく解った。腑に落ちた。
今まで喧嘩しなかったのって私が蓋してたからじゃん。
勿論、主人も同じようにしてたのかもしれないけど。
私は元々、気持ちや感情を持ち寄って理解し合おうと構築的に話し合うタイプなんだよね。
でもそれが面倒な主人をいつも目の当たりにして傷つく。
相手にしてもらえなくて、虚しさだけが残る。
傷つくのが恐いし、嫌われるのも嫌だし、仲の悪い両親で居たくないから私は蓋をした。
悲しみだとか、ネガティブと思われがちな感情に。
そしたらいつの間にかそれが習慣になっちゃってた。
悲しんだり、凹んだりしていちゃいけない。
傷ついても気付かなくなっていった。
自分の感情に耳を傾けず、ビニール袋につめてしっかり結んで、バケツに放り込んで蓋をする。
私の感情は窒息して誰にも気付かれずに死んでいった。
そうだったのか。

DSC_0089.jpg

そう気付いたとたん、怒涛の怒りが押し寄せてきた。
私は蓋をあけて吐き出した。
いやー子宮の声ってよく聞くけどコレだな。。。と思った。
恐ろしい罵倒のオンパレード。
でもすっごく本音。
口は悪いが的を射てるなーと何処か冷めた目で客観視している自分もいたり。

それまで嫌われたくないとか、仲良しな夫婦で居たいとか
失いたくなくて自分の感情を蔑ろにしてきたことに気付いて、手離す。
そんな不安なんかより感情の方が大切じゃん。
喜んだり笑ったりだけじゃない。
悲しんだり、泣いたりそんなのがあるから人間なんじゃん、人生なんじゃん。
もう嫌われようがなんだろうがいいよ!
離婚上等。
そんなに面倒なら子育ても夫婦も辞めちまいな!!
私は自分の感情を取り戻す。

DSC_0036_20150707005427bb4.jpg

私はここ数年の妙な霧が晴れてすっきり。
そして霧が晴れたその場所にはモヤモヤと頭を抱えた男がひとり。
頭の中で考えたこととか感じたこととかと言葉か直結してる私と違って主人はそもそも無口。
そして感情の起伏がなだらか過ぎる。
私の言葉を咀嚼して答えを出そうとしてくれていた。
それまで「めんどくさい」の一言で、向き合おうともしなかった彼が。
主人の正直な言葉同様、本音と言うものは突き刺さる。
私の言葉も刺さったらしい。
本音って、凄いパワーあるね。

DSC_0044.jpg

全然タイプの違う私を感覚的に理解するのは難しいかもしれないけど
やっとちゃんと受け止めてくれた。
うん、いいの。別に理解なんて求めてない。
ただ、私でいさせてくれ。
私は貴方も好きだけど子ども達も好きだけど、私も好きなんだよ。
面倒な女なんだよ。

DSC_0038.jpg

喧嘩をしたっていい。
こうやってまた、理解を深めていったらいい。
歩み寄っていったらいい。
そんな単純なことに幸せだから逆に気付かなかったね。
そんなことくらいで失うものよりもっと大切なものがあるし、
そんなことぐらいで失うわけがなかった。
もっと、安心してよかったんだね。
主人が私が傷つくことも恐れず「面倒くさい」ってはっきり言っちゃうくらい
私だって本音で「ちゃんと向き合えコノヤロー!」って言っちゃっていいんだよ。
何だかマラソンのごとく遠回りしたけど
改めて沢山のことに気付く種まきしてくれた誕生学に感謝。
コニの為って思っていたけど夫婦にとって良かったな。
ちえさんありがとう!

ちなみに、、、この記事だけ読むと鬼のような主人に思われちゃうかもだけど
家事は疲れてる時でも当たり前にやってくれる。
子ども達のことも全部平等にやってくれる。(授乳がなくなった今、、寧ろ主人の方が役割分担多い)
愛の言葉もないけど、文句も言わない。
下手な料理も残さず食べてくれる。
私の仕事にも理解があって、フォローもしてくれる。
そしてこの前なんか私の誕生日にサプライズでケーキ作ってくれた!
そんな主人だからこそ余計にわがまま言えないなって思って感情に蓋しちゃったんだな、私。
ケーキ作ってくれたのはこの喧嘩のお陰もあるかもねー♪
これからは感情を大切に味わいつつ、仲良くやっていくぞー。

DSC_0051.jpg

誕生学~家族で聴くいのちのお話~を聴いて・・・夫婦編でしたー。
子ども達と向かい合った親子編はまた今度。

旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店
マクラメジュエリー マノ オンラインショップはこちら

マクラメジュエリーマノ

最後までお読みいただきありがとうございます♪感謝♪

manoMacrame タグ: 暮らし  ありがとう  幸せ 

カテゴリ: 育む

△page top

Tue. 23:18:51 -Revisando

06

16

co: 3

tb: 0

毎日の幸せの不恰好。 

プツリ。
また、プツリ。
ぶちっ!ばっさり。

毎日聞こえる音。
耳を傾けたくはないんだよ。
しかしながらどう付き合えばいいのか。
未だ術を得られず。

DSCN1080.jpg

その音の正体を子どもと過ごす母親は知っている。
集中の途切れる音。
夢中の遮断される音。

まな板の上の野菜が半分切れないまんま寝てる。
一回の洗い物で何回手を拭いてまた洗ってまた手を拭いて、、、タオルびしょびしょ。
脱水機からようやく脱出した洗濯物がしわしわのまま籠から出られない。
ピクルス作るのに買って来た人参が野菜室から恨めしそうに見てる。

なんかたべたいー!!
ちっちー!
うみいきたいー!!
なんかたべたいー!!
ねーねぇかぁかーー、あのねぇー。
えほんよんでー。
なんかたべたいー!!
おかーさん!わとくんがうんちくさい!!
梅ジュウスーーのみたいぃー。
なんかたべたいー!!

DSCN1077.jpg

いちいち手を止めていちいち手を拭いて駆けつけて、手を焼く。
あーもぉ今日何回パンツ洗ったの?
あーもぉどんだけバナナ食べるの?!
はぁーもぉご飯もピクルスも一瞬では作れないってば!!
こらーー!!冷蔵庫開けないで!!
だからさっき食べたじゃん!!!

DSCN1088.jpg

あぁなんて愛くるしい悪魔たち、、、、。母を鬼にしないでおくれ。。。

集中ってそれだけで癒しだったということを知る。
癒しのライン、つぎはぎだらけで使い物にならず。

キラキラ青い空の下、気持ちいい南風を頬に受けながらそんな日常。
蝉が笑ってる。

DSCN1064.jpg

コニの幼稚園へなるべく毎日歩いて通園。
一キロ程度の道のり往復一時間。
でもってお迎えはお昼の12時。早っ!!!
そして児童館やら海やら公園やらへ行き、毎日絵本何冊も読んでたら
そりゃー作品アップ中々出来ないよねー、ブログもかけないよねーっ。

本当はもっと仕事したいなーーーっ。
便宜上、仕事っていってるけどそれは私がまっしぐらにしたいこと。
夢中でやりたいこと。
保育園に預けるという選択肢を目の前に突きつけられて気付く。
結局、まだ子どもとの時間手放せないわ。。。しゃーない。

二歳半のワトが先月おっぱい卒業してくれて
やっと夜中授乳しないで朝までぶっ通し寝れるというギフトを頂いたにもかかわらず
チャーーンスとばかりに編み編みしちゃって「は!!四時!?」とかなって
結局二時間しか寝れないとか前より寝てないじゃん。。。なんて日もあるけど
何だかんだ幸せななの。
知ってるんだけどね。
いっぱいやりたいことがあるのも、それらを邪魔して甘えてくる人たちがいるのも、
お陰で全然出来てない家事を無言で優しくフォローしてくれてる主人がいるのも
幸せなんだよ。
でもたまには愚痴りたいさーー。

DSCN0955.jpg

そんな我が家は先日、六回目の結婚記念日だった。
そんな日はやっぱり泳ぐよ。

宮古島 砂山ビーチ

あ、ヤバイ明日お弁当じゃん。。。早起きしなくちゃーー。。。

DSCN1072.jpg

旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店
マクラメジュエリー マノ オンラインショップはこちら

マクラメジュエリーマノ

最後までお読みいただきありがとうございます♪感謝♪

manoMacrame タグ: 宮古島  暮らし  ありがとう  幸せ  子育て  coni  wato 

カテゴリ: 育む

△page top

Mon. 23:11:38 -Revisando

06

15

co: 0

tb: 0

だったら葉っぱになりたい人 

「可愛いですね。一目惚れしました。」と、初対面のおじ様に言われた。

DSCN0982.jpg

あ、勿論子どもをさしてね!!私じゃない、私じゃない。

DSCN0942.jpg

そんな今日、コニとワトがケンカ。
「もーー!わとくんのカバ!」
(バカじゃないんだ。。。)
「ぼくかば???ぼくかば??ぼくうんち??ぼくばいばい??ぼくいない??」
(ワト、、、自虐すぎ。。。)
「もーー!ワトくんなんて。。。」
(思いつかないのね。。。。)
「ぼくはっぱ??ぼくはっぱ??ぼくはっぱなる!!!」
「わとくん葉っぱになるってーー」
さっきまでめっちゃ怒ってたコニ、ケラケラ笑う。。。
ワトくん、、、何者?
怒ってた人を一瞬で爆笑させるとは。。。そんで自分も笑ってるの。
なんかこの人、アーティストだわーと思ったのでした。

DSC_0013.jpg

お喋りが遅かったワトが喋りだしたらもーー止まらない。
一日中喋ってる。。。
ちょっとこの前まではバイバイとかワンワンしか言えなかった人が。

先月、二歳半でおっぱいを卒業した彼。
初めて授乳無しで寝る時、そりゃー泣くわよね。
「かーかーー(私のこと)、パイパイーーーかーかーパイパイーーー!!」
「もうおしまい。おっぱいないよ。お手繋いでねんねしようね。」
「みちこぉ~パイパイーーー!!!」
「・・・・」
男子って、、、。恐ろしい。

宮古島 新城ビーチ

最近ちょっと押され気味じゃない??頑張れコニさん!
リラックスしすぎー。

宮古島 新城ビーチ

話は変わって、先日マクラメピアス5点アップしました!
まだまだアップ予定。
そのうち。。。。ね。

マクラメピアス

私自身イヤリング派なのでイヤリングへの変更も可能!
無料ですのでピアスホールのない方にもオススメです☆

ちょっと前にはネックレスたちもアップしてましたー。

マクラメネックレス

オンラインショップへのアップはスローペースですがFBInstagramは毎日更新していますので是非見てくださいね☆

旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店
マクラメジュエリー マノ オンラインショップはこちら

マクラメジュエリーマノ

最後までお読みいただきありがとうございます♪感謝♪

manoMacrame タグ: 宮古島  幸せ  coni  wato  アクセサリー  マクラメ  子育て  天然石 

カテゴリ: 育む

△page top

Fri. 15:47:10 -Revisando

01

09

co: 0

tb: 0

コニのトクベツ。 

昨夜のこと。

「さー二人とも寝るよー。」と子どもたちの声をかける。
ワトが「んーん!」と、拒否。
「じゃぁ、おかあさんおねーちゃんと二人で寝るね、お休み~。」

ワトがじゃぁ僕もーとなるかなと思って軽~く言ったのだ。
それまで寝るのを渋っていたコニの目が輝く。
「コニがおかーさんとふたりで寝る!トクベツ!」と言った。

DSCN0021.jpg

特別。
毎日すぐ近くで寝てるのに。
コニの隣で寝ると反対側の隣にワトがいて、おっぱいあげるのでコニに背を向けてしまう。
コニの方を向いて寝るにはコニの隣にはワトが寝て、その隣に私が寝る。
ワトの頭の上から手を伸ばしてコニと手を繋いで寝たりはしているんだけど。
近いようで遠かったのかな。

DSC_1488.jpg

毎日散々一緒に居る私なんかと一緒に寝るのがそんなに嬉しいものなのかと、嬉しく思う。
そんで二人で寝ようとしたら今度は始めの思惑通りワトが付いて来てしまった。。。
「おかーさん、おねーちゃんと寝るからおっぱいちょっと待っててね。順番ね。」
通用せず、、、ぎゃーぎゃー泣く。
「ねー、コニ。おかーさんコニと寝たいんだけど先にワトにおっぱいあげてもいい??」ときいたら
「ダメ!」と。
「こんなに泣いてるのに??」
「ダメ!」
ワトをなだめても全然ダメ。。。うーん。母、モテモテで困った。
「ねーコニ忘れちゃった??コニは三歳まで毎日おかーさんと一緒に二人で寝てたんだよ?」
「忘れちゃった。」
「そっかー。いつも一緒に寝てたんだよ。ねー、わとくんこんなにうるさくて寝れる?」
「寝れない。」
「じゃぁ先におっぱいしてもいい?」

コニはすねて背を向けた。もう聞いても返事もしない。
「コニそっちむいちゃったし、お返事してくれないし、先にワトくん寝かせるね。」
と、今度は私が背を向けてワトにおっぱい。
コニが泣いた。
後ろだから見えないし、ウソ泣きっぽいけど悲しい感じは伝わってきた。
ごめんね、おねーちゃん。。。。

そんでいつものことでワトより先に寝息を立ててコニが寝たのがわかった。
いつもいつもワトが寝たらコニのほう行くね、と約束して寝るけど結局先に寝ちゃうコニ。
泣きながら寝るなんて悲しいね。ごめんね。

DSCN0438.jpg

なかなか寝付かないワトにおっぱいしながら、初めてコニと離れ離れに寝た夜を思い出した。
ワトを産んだその日だった。
生まれたばかりで寝てばっかりの新生児の隣で、私は泣いたんだった。
コニが気になって不憫で、淋しくて、何か変な気持ちで。
あの日からずっと、コニはおねーちゃんなんだよね。

コニ、いつもありがとう。大好き。

旅する天然石とマクラメアクセサリーのお店
マクラメジュエリー マノ オンラインショップはこちら

マクラメジュエリーマノ

最後までお読みいただきありがとうございます♪感謝♪

manoMacrame タグ: coni  暮らし  ありがとう  子育て  幸せ 

カテゴリ: 育む

△page top

perfil

calendario

diario

categoria

archive

comentarios

todos diarios

search

RSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。